おススメ

お知らせ


2013/02/22

【施 光恒】【三橋貴明の「新」日本経済新聞】 第7回 日本の平等 20130222


三橋貴明の「新」日本経済新聞
http://www.mitsuhashitakaaki.net/2013/02/22/se-7/

【施 光恒】日本の平等

From 施 光恒(せ・てるひさ)@九州大学

おはようございます(^_^)/

私、少し前から、「福岡県明るい選挙推進協議会委員」というボランティア的仕事を務めています。
県の選挙管理委員会などと協力して、みんな選挙に行きましょう!とか、政治に関心を持ちましょう!とか、呼びかけるのが主な役割です。

昨日は、その仕事で、福岡県の西部にある糸島市で講演をしました。
演題は、「民主主義と日本文化──伝統を明日に活かそう!」というものでした。

現代の日本人は、日本の歴史や文化を自虐的というか、悪くみすぎる傾向がありますよね。
日本は、どこかの国とは反対に、「悪いものは自分たちの伝統であり元々あるものだ。他方、良いものは外からやってきたのだ」と考える傾向があるような気がします。

当メルマガの私の前回の記事で触れた「体罰」もそうですし、「民主主義」に関しても、そのケがあると思います。

つまり「民主主義」に関していえば、「日本の伝統は、非民主主義的で、権威主義的である。オカミは威張っていて専制的だった。身分の低い者はずっと虐げられてきた」などのような見方です。

ですが、日本の歴史や文化には、民主主義的な要素といえるものが結構あります。
昨日の講演では、日本の伝統の中にある民主主義的要素をいろいろと指摘して、そういうよいと思われるところを受け継いで、時代に合うかたちで伸ばしていこう!というような話をしました。

話題の一つとして、「和歌の前の平等」という考え方に触れました。
もうかなり前ですが、評論家の渡部昇一氏が『日本語のこころ』(講談社現代新書、1974年)で論じていたものです。

西洋の平等観の基礎には、キリスト教的な「神の前の平等」や、「法の前の平等」といった理念があると言われますよね。

他 方、渡部氏によれば、日本の平等感覚の基礎にあるのは、神や法の前の平等ではなく「和歌の前の平等」だというのです。和歌の詠み手として、人々は、身分に 関係なく平等だというわけです。実際、『万葉集』には、皇族や貴族だけではなく、地方の農民や防人、遊女の歌も収められていますよね。

だいぶ以前に「和歌の前の平等」という見方について初めて読んだときは、「おもしろいけど、ホントにそういえるのかな?」と少々ピンと来なかったのですが、最近、この見方、わりと説得力あるんじゃないかと感じています。

歴史社会学者の池上英子氏(米国ニュースクール大学大学院教授)は、明治日本が欧米の制度を学び急速に近代化できた理由の一つとして、江戸時代の芸事のサークルに注目しています(『美と礼節の絆──日本における交際文化の政治的起源』NTT出版、2005年)。

江戸時代には、俳句をはじめ、お茶やお花など芸事のサークルが非常に多くできていました。そして士農工商の身分はあまり意識されず、芸事のサークルには各層の多数の人々が参加していました。

池 上氏は、芸事のサークルは、江戸時代の人々が、身分に囚われないヨコの人間関係を学ぶ場として機能したのだというのです。江戸時代のあいだに、武士や裕福 な商人のみならず、一般の町人や農民まで含む多くの人々が芸事に親しみ、身分制度から離れたヨコの人間関係のありかたを学んでいた。そのことが、明治の近 代化をスムーズに進めることができた理由の一つだと論じています。

たとえば俳句のサークルです。江戸時代の俳句のサークルでは、武士も町人も農民も、男性も女性も、都市の人も田舎の人も、俳句を通じて身分差や性差や地域差にあまり囚われず交流することができたようです。

たとえば、芭蕉が「奥の細道」を旅することができたのは、東北の当時のひなびた地域でも、俳句愛好家がたくさんいて各々の場所で歓待してくれたからでしょう。農村にまで、俳句に親しむ人が大勢いたようです。

また、女性が句会に参加することも決して珍しいことではなかったようです。女性の俳句だけを集めた句集も、江戸時代にたくさん出ています(別所真紀子『俳諧評論集 共生の文学』東京文献センター、2001年)。

「朝顔に つるべ取られて もらい水」(加賀千代女(かがのちよじょ)(1703-1775)

などは有名な句ですよね。

無名の子どもの俳句も、残っています。『俳諧三河小町』(1702年)という句集には女性の句だけを集めた巻があり、次のような女児のかわいらしい句が載っています。

「いまいくつ 寝たらば父様 羽根つくぞ」(大坂 八歳 はる)

300年以上前の子も、お正月に、お父さんと羽根つきをしたりして遊ぶのを楽しみにしてたんですね。いいなあ。
(^_^)

ちょっと脱線しました…
(-_-;)

話をもとに戻しましょう。

渡部氏や池上氏の議論から推測できるのは、日本文化には、「感受性の平等」とでもいうべき感覚が伝統的にあったのではないかということです。

そ のときどきの時代状況に応じて身分や職位など上下の人間関係が設定されるとしても、美しさやうれしさ、かなしさなど「もののあはれ」を感じとる点では、 人々は根本的に平等で同じである。つまり、感受性の主体という点で、人は皆、平等であり仲間である。そういう感覚が、日本人には昔から備わっていたのでは ないかと思います。

この感覚は、現在のわれわれにも受け継がれているといえるでしょう。

たとえば、地方自治体が小中学生などからよく募集している「人権標語」などをみているとそれを感じます。
だいたいこんな感じのが多いですよね。(以下は、2010年度、2011年度の福岡市の人権標語コンテスト入選作の一部)。

・悪口は 人も自分も 傷つける(小学生)

・持ってるか 傷付け言葉の ブレーキを(中学生)

・いじめたら キレイな心 涙色(小学生)

・わたしから みんなに広がれ 笑顔の和(中学生)

これらの標語は、「人は皆、傷つきやすい心をもっていて、悲しんだり、笑ったりする存在だ。その根本的な点で、人は結局、皆、平等であり、大事にすべき仲間なんだ」と言っていると解釈できると思います。
欧米的な「法の前の平等」「神の前の平等」とは、かなり違うところに根差した平等観だといえます。

日本の人権教育だと、欧米のように「法の前の平等」に訴える法学っぽい人権教育ではなく、「感受性の平等」に訴えかける文学っぽいやり方が一般的なようなんですね。

他に、「もののあはれ」を感じ取る「感受性の平等」という感覚がいまでも生きていることを示すもっと身近な例としては、お花見もあげられると思います。

お花見はいまでも結構、職場の人と行くことが多いですよね。お花見では、きれいな桜を前にして、「桜を美しいと思う心の点で皆平等であり、仲間である」という確認を半ば無意識に行っているといえるんじゃないでしょうか。

つまりお花見とは、桜を前にして心が動かされる共通の経験を通じて、皆の根本的な平等を確認し、職位や世代などを超えた職場の和を深める行事だとみることもできるでしょう。

またまた、だらだらと長くなってきました…
f(^_^)ポリポリ

で、結局何がいいたいかといえば、日本社会って、なんだかんだいっても人々は根本的には平等で仲間なんだという感覚が、昔からわりとしっかりある社会ではないだろうかということです。

国 民の間にある根本的な平等感覚や仲間意識こそが、日本の国力の源泉なんですよね。今も昔も日本社会の強みは、格差が少なく、社会からひどく取りこぼされて しまう人々があまりおらず、大勢の一般庶民が積極的に社会参加し、活力を発揮し、協力するところにあるんだと思います。

会社の経営陣と従業員の給与の差が何百倍もあったり、「抵抗勢力」などと称して国内に敵を作って上からの政治を進めていったりする近年の新自由主義というのは、やはり国柄に合わない気がします。

財界だけでなく農林水産業、大企業だけでなく中小企業、都市だけでなく地方──など社会の各層の声に耳を傾ける政治のほうが、合ってるよなあと思うんですよね…。

まとまり悪くなってしまって失礼しますた…
<(_ _)>

PS
TPP参加は、経済主権の喪失⇒民主主義の喪失の第1歩。
「グローバル資本家の植民地」韓国の二の舞にならないために、
いま、必要な準備とは?

http://www.keieikagakupub.com/sp/CPK_38NEWS_C_100/index_tp.html



PPS
中野剛志氏と一緒に、こんな本を書いています。
http://amzn.to/Ud4Pl5



※メルマガのバックナンバーを以下で
ご覧いただけます。
http://www.mitsuhashitakaaki.net/

コメントも受付中です!
http://www.mitsuhashitakaaki.net/



本ブログを応援してくださる方は、
クリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

過去の投稿 ランダム表示 マウスオーバーでタイトル表示

過去一週間 関心度の高い投稿

過去一ヶ月 関心度の高い投稿

サイト設置以降(2012年4月19日) 関心度の高い投稿

ブログ アーカイブ

全ラベル

* * コクバ幸之助氏 * さかき漣氏 * ジョセフ・E・スティグリッツ氏 * すぎやまこういち氏 * ビートたけし氏 * ポール・クルーグマン氏 * メタル兄弟 * リチャード・クー氏 * 安住淳氏 * 安倍晋三氏 * 伊吹文明氏 * 伊藤貫氏 * 井尻千男氏 * 一色正春氏 * 稲田朋美氏 * 宇沢弘文氏 * 宇田川敬介氏 * 宇都隆史氏 * 衛藤晟一氏 * 下村博文氏 * 加瀬英明氏 * 加藤清隆氏 * 河野太郎氏 * 河野洋平氏 * 萱野稔人氏 * 関岡英之氏 * 岸博幸氏 * 亀井亜紀子氏 * 義家弘介氏 * 菊池英博氏 * 宮崎正弘氏 * 宮崎哲弥氏 * 宮台真司氏 * 宮嶋茂樹氏 * 宮脇淳子氏 * 居島一平氏 * 橋下徹氏 * 橋本英教氏 * 金美齢氏 * 原口一博氏 * 古屋圭司氏 * 古賀茂明氏 * 古谷経衡氏 * 江田憲司氏 * 江藤拓氏 * 荒木和博氏 * 高橋洋一氏 * 高山正之氏 * 高市早苗氏 * 佐藤健志氏 * 佐藤信秋氏 * 佐藤正久氏 * 佐波優子氏 * 佐伯啓思氏 * 坂東忠信氏 * 三浦小太郎氏 * 三橋貴明氏 * 三原じゅん子氏 * 三宅久之氏 * 三宅博氏 * 三島由紀夫 * 山口洋一氏 * 山際澄夫氏 * 山村明義氏 * 山谷えり子氏 * 山田宏氏 * 山田俊男氏 * 山田勉氏 * 山本一太氏 * 山名元氏 * 施光恒氏 * 宍戸駿太郎氏 * 室谷克実氏 * 柴山桂太氏 * 柴山昌彦氏 * 秋山祐徳太子氏 * 勝谷誠彦氏 * 小坂英二氏 * 小山和伸氏 * 小沢一郎氏 * 小野寺五典氏 * 小林よしのり氏 * 松浦芳子氏 * 松原仁氏 * 松原隆一郎 氏 * 上島嘉郎氏 * 上念司氏 * 城内実氏 * 新藤義孝氏 * 森まさこ氏 * 森ゆうこ氏 * 森田実氏 * 神谷宗幣氏 * 神保哲生氏 * 辛坊治郎氏 * 須田慎一郎氏 * 水間政憲氏 * 水島総氏 * 菅直人氏 * 生島ヒロシ氏 * 西川京子氏 * 西村幸祐氏 * 西村眞悟氏 * 西田昌司氏 * 西尾幹二氏 * 西部邁氏 * 青山繁晴氏 * 青木泰樹氏 * 青木直人氏 * 青木文鷹氏 * 石原慎太郎氏 * 石破茂氏 * 石平氏 * 浅野久美氏 * 舛添要一氏 * 前原誠司氏 * 倉山満氏 * 孫崎亨氏 * 村上正泰氏 * 村田春樹氏 * 大原康男氏 * 大高未貴氏 * 大西ひろゆき氏 * 大石久和氏 * 大谷昭宏氏 * 大竹まこと氏 * 大塚拓氏 * 大門実紀史氏 * 谷田川惣氏 * 池田信夫氏 * 竹中平蔵氏 * 竹田恒泰氏 * 中山恭子氏 * 中山成彬氏 * 中川昭一氏 * 中田宏氏 * 中野剛志氏 * 猪瀬直樹氏 * 潮匡人氏 * 長谷川幸洋氏 * 長谷川三千子氏 * 長尾敬氏 * 津川雅彦氏 * 津田大介氏 * 堤尭氏 * 適菜収氏 * 田原総一郎氏 * 田中康夫氏 * 田嶋陽子氏 * 田母神俊雄氏 * 渡部昇一氏 * 渡辺喜美氏 * 渡邊哲也氏 * 東谷暁氏 * 東田剛氏 * 藤井厳喜氏 * 藤井聡氏 * 藤岡信勝氏 * 南出喜久治氏 * 日下公人氏 * 八木秀次氏 * 鳩山由紀夫氏 * 飯田泰之氏 * 飯島勲氏 * 百地章氏 * 浜田宏一氏 * 富岡幸一郎氏 * 服部茂幸氏 * 福島みずほ氏 * 平将明氏 * 平沼赳夫氏 * 片桐勇治氏 * 片山さつき氏 * 麻生太郎氏 * 木元教子氏 * 木原稔氏 * 木村三造氏 * 野田佳彦氏 * 輿石東氏 * 鈴木宣弘氏 * 鈴木邦子氏 * 脇雅史氏 * 廣宮孝信氏 * 惠隆之介氏 * 礒崎陽輔氏 * 齋藤健氏 ● 4月28日 主権回復記念日 ● グローバリズム・TPP ● 学問-経済学 ● 学問-心理学・哲学 ● 国土-国土計画 ● 国土-列島強靭化論 ● 国防・外交 ● 事件 ● 事件-JAL ● 事件-慰安婦捏造 ● 事件-南京捏造 ● 事件-拉致 ● 社会-メディア ● 社会-医療 ● 社会-教育 ● 社会-教科書問題 ● 社会-文化 ● 人-在日外国人 ● 人-日本人 ● 世界-EU ● 世界-アジア ● 世界-アメリカ ● 世界-ロシア ● 世界-支那 ● 世界-中東・アフリカ ● 世界-朝鮮 ● 世界情勢 ● 政局 ● 政策-アベノミクス ● 政策-経済 ● 政策-原発 ● 政策-資源・エネルギー ● 政策-社会保障 ● 政策-郵政 ● 政治-システム ● 政治-選挙 ● 政党-その他 ● 政党-自民党 ● 政党-日本維新の会 ● 政党-民主党 ● 地方 ● 地方-沖縄 ● 地方-岩手 ● 地方-熊本 ● 地方-群馬 ● 地方-広島 ● 地方-山口 ● 地方-山梨 ● 地方-滋賀 ● 地方-鹿児島 ● 地方-新潟 ● 地方-神奈川 ● 地方-青森 ● 地方-静岡 ● 地方-石川 ● 地方-大阪 ● 地方-長崎 ● 地方-鳥取 ● 地方-東京 ● 地方-福岡 ● 地方-福島 ● 地方-硫黄島 ● 地方分権・道州制 ● 天皇・皇室 ● 東日本大震災 ● 法-消費税増税法 ● 法-占領憲法 ● 法案-スパイ防止法 ● 法案-外国人参政権 ● 法案-国土強靭化基本法 ● 法案-人権擁護法 ● 法案-夫婦別姓 ● 法案-無人国境離島管理法 ● 法律・法案 ● 領土 ● 領土-尖閣諸島 ● 領土-竹島・日本海 ● 領土-北方領土 ● 歴史 ● 歴史-戦争 ● 歴史-東京裁判 ●● 様々なテーマ ♪ Ch桜 ♪ Ch桜 GHQ焚書図書開封 ♪ Ch桜 さくらじ ♪ Ch桜 ニュース・論説 ♪ Ch桜 国を想う議員ビデオレター ♪ Ch桜 三橋貴明の明るい経済教室 ♪ Ch桜 青山繁晴が答えて、答えて、答える! ♪ Ch桜 渡部昇一の大道無門 ♪ Ch桜 闘論!倒論!討論! ♪ LDPchannel ♪ MSN 産経 ♪ TOKYO MX ゴールデンアワー ♪ TOKYO MX 西部邁ゼミナール ♪ スーパーニュースアンカー ♪ たかじんNOマネー ♪ たかじんのそこまで言って委員会 ♪ たけしのTVタックル ♪ ラジオ ザ・ボイス そこまで言うか! ♪ ラジオ 寺ちゃん活動中 ♪ ラジオ 青山繁晴のインサイドSHOCK ♪ 三橋貴明の「新」日本経済新聞 ♪ 三橋貴明の「新」日本経済新聞 上念編 ♪ 三橋貴明の「新」日本経済新聞 東田剛編 ♪ 三橋貴明の「新」日本経済新聞 藤井編 ♪ 週刊西田 Nishida vision ♪ 週刊西田 一問一答 ♪ 西田昌司 Show you ビデオレター ♪ 朝生・異議あり ♪ 超人大陸 ♪ 超人大陸 山谷えり子の気炎万丈 ♪ 超人大陸 西田昌司の目覚めよ!日本人 ♪ 超人大陸 藤井聡教授の列島強靭化論 ♪ 超人大陸 日教組と戦うヤンキー先生の情熱授業 ♪ 超人大陸 平沼赳夫の警鐘塾 ♪ 東谷暁 今日の突破口 ♪ 藤井教授のまちづくりの思想 ♪ 藤井教授の時事コメント ♪ 藤井教授の日本経済の「虚」と「実」 ♪ 藤井教授の論文・寄稿 ♪ 藤井教授よりご紹介 ♪ 未来ビジョンTV ♪♪ てれび・会見 ♪♪ ニュース・論説 ♪♪ ラジオ・音声 ♪♪ リファレンス・資料 ♪♪ 演説 ♪♪ 議会 ♪♪ 講演・対談 ♪♪ 書評 ♪♪ 論文・寄稿 ♪♪♪ 賢者ニュース・告知 ♪♪♪ 書籍紹介 アーカイブ おススメ こんな人・組織です ドイツでの日常 ひとりごと 行動する! 講座 時事言語 若葉マーク 息抜き 旅の小話