おススメ

お知らせ


2012/10/22

藤井聡教授の新聞記事! 強靱化のために,B/Cで評価しきれぬものを見据えよ 20121017



藤井聡教授よりシェアです。
http://www.facebook.com/Prof.Satoshi.FUJII?ref=ts


以前少しご紹介しておりました、強靭化対策における「B/C」(費用 対 効果分析)について、専門誌に簡単にとりまとめた原稿、機構いたしました。

ほとんどの国民、エコノミスト、政治家がご存じないものと思いますが....

「今日の便益評価では,1)自然災害の被害の軽減効果,2)景気刺激効果,3)人口増加とそれに基づく経済効果,4)産業立地促進とそれに伴う経済効 果,5)一定期間以上未来(50年後以降)の全ての便益,等の一般の国民が公共事業に期待する効果の「ほとんど全て」が,誠に驚
くべき事に「全く」考慮されていない.」

....のであります!!

こんな代物で、きちんとした強靭化対策なんてできるはず有りませんよね。

まずは、上記一点を皆様にご了解いただき、「B/Cでダメなのは、仕分けだ!!」のノリが、如何に「国益を毀損しているか」を従前にご理解ください。

この問題については、適宜情報発信して参りたいと思います。

まずは、ご紹介まで!

========================
建設通信新聞,平成24年10月17日

強靱化のために,B/Cで評価しきれぬものを見据えよ

(B/C再考:表記しきれぬ“定性”を見据えよ)

京都大学大学院教授 藤井聡

 今日,巨大地震の危機が国民的にも共有認識されはじめ,中央政界においてもその対策としての「国土強靱化」が,基本法の策定も含めて真剣に議論され始め ている.この流れの中で,「強靱化を図るなら,効果的に進めるべし」という前向きな議論も散見されるようになってきている.

 筆者はこうした議論に全面的に賛同する.そもそも巨大地震による被害を限りなくゼロに近づける様な完璧な「防災」のためには,それこそ「数千兆円」程度 の,政府の財源調達能力を遙かに超えた規模の予算が必要となる.したがって,「限られたな予算」の下で効果的に強靱化を果たすためには,より効果的である と見込まれる対策から順次に進めていく態度が求められる.

 しかし問題は,どうやってその「優先順位」を検討するのか,という点である.

 この点について,多くの識者や政治家は,「B/Cでその優先順位を付ければ良い」と主張している.例えば,元財務官の経済学者・高橋洋一氏は,「便益 (Benefit)と費用(Cost)の比率(B/C)が1を上回っていれば、いくらでもやっていいはずだ.」(2012年6月28日Diamond Onlineより)と述べている.

 この主張は裏を返せばすなわち,B/Cが1を切る事業は認めてはならない,という事を意味しているのだが,もしも「便益が完璧に測定できる」とするのなら,筆者はこの高橋氏の主張に大いに賛同する.

 しかし,現状の政府の基準ではそうなってはいないのが実態なのだ.

 今日の便益評価では,1)自然災害の被害の軽減効果,2)景気刺激効果,3)人口増加とそれに基づく経済効果,4)産業立地促進とそれに伴う経済効 果,5)一定期間以上未来(50年後以降)の全ての便益,等の一般の国民が公共事業に期待する効果の「ほとんど全て」が,誠に驚くべき事に「全く」考慮さ れていない.つまり,現在のB/Cは,「地震が起こる確率はゼロ,公共事業の景気刺激効果はゼロ,しかも,インフラを作っても企業立地や人口集積は絶対に 起こらないし,インフラによる便益は50年でゼロになる」という超絶に非現実的な仮定で算定されているのである.だから今日のB/Cのやり方をそのまま踏 襲しながら,「1を切る強靱化事業は認めない」という姿勢で臨むのなら,適正な強靱化ができず,結果,多くの国民が巨大地震によって大量に殺められ,巨大 な国富が失われていくであろうことは避けがたいのだ.

 だから少なくとも,B/Cの基準を,上記の各種効果を考慮しつつ改善していくことが必要だ.そもそも,日本ほどにストイック(禁欲的)な仮定を施してい る先進諸国はどこにもない(もちろんこの背景には,長年,公共事業批判が続けられたという事情があることは言うまでもない).だから諸外国の基準も参照し つつ,B/Cの基準を適正化していくことが必要だろう.

 しかし,B/Cを改善すれば,自動的になすべき強靱化対策が決定できるのかといえば,それは不可能だ.あくまでもB/Cは「評価対象」を決定した後で無 ければ活用できないからだ.そして「評価対象」を決定するためには,基本構想を作り,それに基づいて基本計画を立てるという「質的な議論」が不可欠なの だ.

 しかも,B/Cの基準の見直しにはかなりの時間が必要となることも間違いない.なぜなら全ての側面を適正に定量表現することは,絶望的に困難だからだ.

 そうであるのなら,巨大地震がいつ起こるとも分からぬ状況の中で,我々が今,現実的に為すべきは,何よりもまず「現状」のB/C方式に「過剰」に固執す るという硬直的態度を「捨て去る」ことなのだ.そしてその上で,B/Cでは評価しきれない様々な側面を可能な限り包括的に,「定量的」のみならず「定性 的」にも検討しながら,より効果的な強靱化事業を全力を賭して見定めていく事が必要であろう.

 無論,懐疑主義的な人々は「そんな『定性的』な評価なぞ信用できない」と言うかもしれない.しかし,そうした懐疑主義によって強靱化事業をとりやめれ ば,多くの国民が殺められる未来を回避することが出来なくなってしまいかねないのだ.だから我々は,B/C基準の適正化を図る努力を重ねると共に,効果的 に強靱化を果たすための「質的な議論」を徹底的に重ねていく他ないのである.

 いわば我々は今,震災が実際に訪れるまでの束の間の時間の間に,「日本の英知を結集した議論」を踏まえて効果的な強靱化を果たすことが出来るか否かを, 天に問われているのである.そうである以上,B/Cをはじめとした計量化に最善を尽くすと同時に,計量化できぬものも全力を賭してしっかりと見据えねばな らぬのである.



本ブログの存続を希望する方は、
クリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

0 件のコメント:

コメントを投稿

過去の投稿 ランダム表示 マウスオーバーでタイトル表示

過去一週間 関心度の高い投稿

過去一ヶ月 関心度の高い投稿

サイト設置以降(2012年4月19日) 関心度の高い投稿

ブログ アーカイブ

全ラベル

* * コクバ幸之助氏 * さかき漣氏 * ジョセフ・E・スティグリッツ氏 * すぎやまこういち氏 * ビートたけし氏 * ポール・クルーグマン氏 * メタル兄弟 * リチャード・クー氏 * 安住淳氏 * 安倍晋三氏 * 伊吹文明氏 * 伊藤貫氏 * 井尻千男氏 * 一色正春氏 * 稲田朋美氏 * 宇沢弘文氏 * 宇田川敬介氏 * 宇都隆史氏 * 衛藤晟一氏 * 下村博文氏 * 加瀬英明氏 * 加藤清隆氏 * 河野太郎氏 * 河野洋平氏 * 萱野稔人氏 * 関岡英之氏 * 岸博幸氏 * 亀井亜紀子氏 * 義家弘介氏 * 菊池英博氏 * 宮崎正弘氏 * 宮崎哲弥氏 * 宮台真司氏 * 宮嶋茂樹氏 * 宮脇淳子氏 * 居島一平氏 * 橋下徹氏 * 橋本英教氏 * 金美齢氏 * 原口一博氏 * 古屋圭司氏 * 古賀茂明氏 * 古谷経衡氏 * 江田憲司氏 * 江藤拓氏 * 荒木和博氏 * 高橋洋一氏 * 高山正之氏 * 高市早苗氏 * 佐藤健志氏 * 佐藤信秋氏 * 佐藤正久氏 * 佐波優子氏 * 佐伯啓思氏 * 坂東忠信氏 * 三浦小太郎氏 * 三橋貴明氏 * 三原じゅん子氏 * 三宅久之氏 * 三宅博氏 * 三島由紀夫 * 山口洋一氏 * 山際澄夫氏 * 山村明義氏 * 山谷えり子氏 * 山田宏氏 * 山田俊男氏 * 山田勉氏 * 山本一太氏 * 山名元氏 * 施光恒氏 * 宍戸駿太郎氏 * 室谷克実氏 * 柴山桂太氏 * 柴山昌彦氏 * 秋山祐徳太子氏 * 勝谷誠彦氏 * 小坂英二氏 * 小山和伸氏 * 小沢一郎氏 * 小野寺五典氏 * 小林よしのり氏 * 松浦芳子氏 * 松原仁氏 * 松原隆一郎 氏 * 上島嘉郎氏 * 上念司氏 * 城内実氏 * 新藤義孝氏 * 森まさこ氏 * 森ゆうこ氏 * 森田実氏 * 神谷宗幣氏 * 神保哲生氏 * 辛坊治郎氏 * 須田慎一郎氏 * 水間政憲氏 * 水島総氏 * 菅直人氏 * 生島ヒロシ氏 * 西川京子氏 * 西村幸祐氏 * 西村眞悟氏 * 西田昌司氏 * 西尾幹二氏 * 西部邁氏 * 青山繁晴氏 * 青木泰樹氏 * 青木直人氏 * 青木文鷹氏 * 石原慎太郎氏 * 石破茂氏 * 石平氏 * 浅野久美氏 * 舛添要一氏 * 前原誠司氏 * 倉山満氏 * 孫崎亨氏 * 村上正泰氏 * 村田春樹氏 * 大原康男氏 * 大高未貴氏 * 大西ひろゆき氏 * 大石久和氏 * 大谷昭宏氏 * 大竹まこと氏 * 大塚拓氏 * 大門実紀史氏 * 谷田川惣氏 * 池田信夫氏 * 竹中平蔵氏 * 竹田恒泰氏 * 中山恭子氏 * 中山成彬氏 * 中川昭一氏 * 中田宏氏 * 中野剛志氏 * 猪瀬直樹氏 * 潮匡人氏 * 長谷川幸洋氏 * 長谷川三千子氏 * 長尾敬氏 * 津川雅彦氏 * 津田大介氏 * 堤尭氏 * 適菜収氏 * 田原総一郎氏 * 田中康夫氏 * 田嶋陽子氏 * 田母神俊雄氏 * 渡部昇一氏 * 渡辺喜美氏 * 渡邊哲也氏 * 東谷暁氏 * 東田剛氏 * 藤井厳喜氏 * 藤井聡氏 * 藤岡信勝氏 * 南出喜久治氏 * 日下公人氏 * 八木秀次氏 * 鳩山由紀夫氏 * 飯田泰之氏 * 飯島勲氏 * 百地章氏 * 浜田宏一氏 * 富岡幸一郎氏 * 服部茂幸氏 * 福島みずほ氏 * 平将明氏 * 平沼赳夫氏 * 片桐勇治氏 * 片山さつき氏 * 麻生太郎氏 * 木元教子氏 * 木原稔氏 * 木村三造氏 * 野田佳彦氏 * 輿石東氏 * 鈴木宣弘氏 * 鈴木邦子氏 * 脇雅史氏 * 廣宮孝信氏 * 惠隆之介氏 * 礒崎陽輔氏 * 齋藤健氏 ● 4月28日 主権回復記念日 ● グローバリズム・TPP ● 学問-経済学 ● 学問-心理学・哲学 ● 国土-国土計画 ● 国土-列島強靭化論 ● 国防・外交 ● 事件 ● 事件-JAL ● 事件-慰安婦捏造 ● 事件-南京捏造 ● 事件-拉致 ● 社会-メディア ● 社会-医療 ● 社会-教育 ● 社会-教科書問題 ● 社会-文化 ● 人-在日外国人 ● 人-日本人 ● 世界-EU ● 世界-アジア ● 世界-アメリカ ● 世界-ロシア ● 世界-支那 ● 世界-中東・アフリカ ● 世界-朝鮮 ● 世界情勢 ● 政局 ● 政策-アベノミクス ● 政策-経済 ● 政策-原発 ● 政策-資源・エネルギー ● 政策-社会保障 ● 政策-郵政 ● 政治-システム ● 政治-選挙 ● 政党-その他 ● 政党-自民党 ● 政党-日本維新の会 ● 政党-民主党 ● 地方 ● 地方-沖縄 ● 地方-岩手 ● 地方-熊本 ● 地方-群馬 ● 地方-広島 ● 地方-山口 ● 地方-山梨 ● 地方-滋賀 ● 地方-鹿児島 ● 地方-新潟 ● 地方-神奈川 ● 地方-青森 ● 地方-静岡 ● 地方-石川 ● 地方-大阪 ● 地方-長崎 ● 地方-鳥取 ● 地方-東京 ● 地方-福岡 ● 地方-福島 ● 地方-硫黄島 ● 地方分権・道州制 ● 天皇・皇室 ● 東日本大震災 ● 法-消費税増税法 ● 法-占領憲法 ● 法案-スパイ防止法 ● 法案-外国人参政権 ● 法案-国土強靭化基本法 ● 法案-人権擁護法 ● 法案-夫婦別姓 ● 法案-無人国境離島管理法 ● 法律・法案 ● 領土 ● 領土-尖閣諸島 ● 領土-竹島・日本海 ● 領土-北方領土 ● 歴史 ● 歴史-戦争 ● 歴史-東京裁判 ●● 様々なテーマ ♪ Ch桜 ♪ Ch桜 GHQ焚書図書開封 ♪ Ch桜 さくらじ ♪ Ch桜 ニュース・論説 ♪ Ch桜 国を想う議員ビデオレター ♪ Ch桜 三橋貴明の明るい経済教室 ♪ Ch桜 青山繁晴が答えて、答えて、答える! ♪ Ch桜 渡部昇一の大道無門 ♪ Ch桜 闘論!倒論!討論! ♪ LDPchannel ♪ MSN 産経 ♪ TOKYO MX ゴールデンアワー ♪ TOKYO MX 西部邁ゼミナール ♪ スーパーニュースアンカー ♪ たかじんNOマネー ♪ たかじんのそこまで言って委員会 ♪ たけしのTVタックル ♪ ラジオ ザ・ボイス そこまで言うか! ♪ ラジオ 寺ちゃん活動中 ♪ ラジオ 青山繁晴のインサイドSHOCK ♪ 三橋貴明の「新」日本経済新聞 ♪ 三橋貴明の「新」日本経済新聞 上念編 ♪ 三橋貴明の「新」日本経済新聞 東田剛編 ♪ 三橋貴明の「新」日本経済新聞 藤井編 ♪ 週刊西田 Nishida vision ♪ 週刊西田 一問一答 ♪ 西田昌司 Show you ビデオレター ♪ 朝生・異議あり ♪ 超人大陸 ♪ 超人大陸 山谷えり子の気炎万丈 ♪ 超人大陸 西田昌司の目覚めよ!日本人 ♪ 超人大陸 藤井聡教授の列島強靭化論 ♪ 超人大陸 日教組と戦うヤンキー先生の情熱授業 ♪ 超人大陸 平沼赳夫の警鐘塾 ♪ 東谷暁 今日の突破口 ♪ 藤井教授のまちづくりの思想 ♪ 藤井教授の時事コメント ♪ 藤井教授の日本経済の「虚」と「実」 ♪ 藤井教授の論文・寄稿 ♪ 藤井教授よりご紹介 ♪ 未来ビジョンTV ♪♪ てれび・会見 ♪♪ ニュース・論説 ♪♪ ラジオ・音声 ♪♪ リファレンス・資料 ♪♪ 演説 ♪♪ 議会 ♪♪ 講演・対談 ♪♪ 書評 ♪♪ 論文・寄稿 ♪♪♪ 賢者ニュース・告知 ♪♪♪ 書籍紹介 アーカイブ おススメ こんな人・組織です ドイツでの日常 ひとりごと 行動する! 講座 時事言語 若葉マーク 息抜き 旅の小話